対象不動産の価格を査定【不動産の価格を適切に把握しておこう】

簡易査定でスピーディ

工事中のマンション

査定方法を知っていこう

例えば、マンションを売却する場合、つまり不動産売却の場面で 売主はその価格をどのように知ったらいいでしょうか。簡単で確実な方法は査定に出すことです。査定に出せば売却価格を知ることができます。 不動産売却における査定方法は大きく分けて2種類あります。一つが簡易査定というもの、もう一つが実査定というものです。 このうち前者の簡易査定は簡単に査定をする方法で、インターネットを利用して査定をおこないます。インターネットに必要事項を記入します。例えば、その土地の面積、建物ならその広さ、築何年か、住所などを記載していき、過去にそのマンションやその近辺のたてもので売れた価格を元に見積もり額を求めることが可能になります。

実査定という査定方法について

簡易査定方法はあくまで簡易査定ですので、アバウトな数字しか出てきません。それでも何も知らないよりは良いという感じです。ですが、本気で不動産売却をしたい場合には、簡易査定だけで不動産売却をするのは危険です。そこで、実査定をおこなうことになります。実査定とは簡易査定に加えてより細かい点まで審査します。実査定ともなるともはやインターネットでは難しく、不動産会社から査定の資格を持った人を招いて査定をしなければなりません。査定をする場合はその家の日当たりや周りの環境、風通しなどその場所に行かないとわからないことが実査定ではわかるようになります。査定をする順番は簡易査定をしてその後に実査定をするのが普通です。

このエントリーをはてなブックマークに追加