不動産査定で不動産の価格を適切に把握しておこう

売るために知っておく

大きな窓のダイニング

マンションや、一戸建てを売却する場合には、どの程度の価格で売却できるかを適切に把握すれば、売る際に損をするような事はありません。ですから、事前に査定をして価格を把握しておく必要があるのです。

Read more »

上手に選ぶための方法

グレーの外壁の家

不動産会社を上手に選ぶ事が、より良い査定結果を導き出すために必要不可欠です。不動産会社選びの方法は、インターネットを上手に活用することで容易に把握する事が出来るようになっています。

Read more »

簡易査定でスピーディ

工事中のマンション

マンションや一戸建てといった不動産の価値を把握するための査定には、ある程度の時間が必要になります。しかし、現在では簡易査定をネット上で行うといったような事も可能であるため、そうしたサービスを利用するのも手です。

Read more »

査定の方法

パステルカラーの家

不動産査定の価格の評価方法を知る

不動産査定で基本的な不動産の価格調査法を知っておくことは、不動産査定を依頼した時に概要を把握しておくことで、不動産会社の説明を受けるときにも調査の内容を理解し易い。その方法とは、取引事例比較法と言い、土地やマンションの場合この査定方法を利用することが多いようです。売買しようとする同じような物件を探して、取引事例との価格をを比較、対象不動産の価格を査定する方法です。対象不動産と取引事例等の価格を比較して、取引事例の価格をベースに対象不動産の概ねの価格水準を査定します。その上で、取引時期の違いについて市場全体の動向を加味して、一定の調整を行います。その他対象不動産の価格査定は取引事例との比較と、時点修正(その時期の不動産の市場の動向)だけで完結するものではありません。最終的に特殊予見を加味して决定します。

簡易査定で概算価格調査からスタート

不動産査定はまず最初に簡易査定を依頼して数多くの不動産会社から概算の不動産査定を依頼します。複数の不動産会社の査定結果と販売プランを提示してもらいます。情報を収集する中でで、知っておきたいことはチラシや物件シートの金額はすべて、売主の希望価格です。実際に契約出来た価格ではありません。ネット上でも数多くの物件情報が掲載されていますがすべては販売希望価格です。実際の契約価格は外部公開されていません。最新の不動産データーは不動産会社しかありません。実際に契約金額を把握するためには、不動産会社に査定してもらうことが最も現実的な方法です。そこで、不動産査定とは、不動産会社に実際に現地訪問してもらい個別物権の状態や、売却条件を調べてもらい詳細の査定をしてもら事を言います。

↑ PAGE TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加